2006年02月10日

長蛇の列の空港関税をスイスイ通過する方法

海外旅行から帰国したとき、空港で何よりイラつくのは、関税審査に時間がかかることです。
「課税組」はガラガラですが、「非課税組」はいつも長蛇の列・・・。これがゴールデンウイークや年末年始など、海外ラッシュ時期に重なると係官の前にたどりつくのにゆうに2時間近く待たされることも有ります。

ですがわずか150円の投資で、ほとんど待たずに税関を通過できる方法が有るのです。

関税法で酒類免税枠は3本までと決められています。それをオーバーするとブランデーには1本910円、ウイスキーには1本975円の超課税がかかります。

ですがワインにかかる税金は、それがどんなにビンテージものの高価なワインでも1律たったの150円なのです。そこで海外旅行では、あえて免税枠オーバー用にワインを1本余分に買うのです。そしてすいている課税組の列に並ぶのです。

「タイム・イズ・マネー」という言葉が有りますが、ジュース約1本分の金を惜しまなければ、通関はものの5分で終わります。
posted by 大樹 at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 無料情報−レジャー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

巨人−ヤクルト戦の入場券をタダで手にいれる方法

巨人−ヤクルト戦のようなプラチナチケットを手にいれるには、裏から手を回すのがいちばん確実…といっても、これはじつに簡単なことです。

1本35円のヤクルトを、毎日飲めばいいのです。

ヤクルト販売店でヤクルトを契約すると、黙っていてもかなり頻繁に集金のおばさんがヤクルト戦の内野自由席を持ってきてくれます。この場合、くれるチケットは東京ではあまり人気がないヤクルト−広島戦、ヤクルト−中日戦のチケットのことが圧倒的に多いですが、ここでおばさんにうま〜く取り入って仲良くなると、巨人戦の切符が手に入ることも有ります。

うまくコネを使うのも方法のひとつです。
posted by 大樹 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 無料情報−レジャー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。